スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分は継承者 先代から引き継いだ バトンをつなぐだけ 2015.02.16


インターネット広告


自分は継承者
先代から引き継いだ
バトンをつなぐだけ


安部 修仁(あべ・しゅうじ)氏
[吉野家ホールディングス会長]




 昨年8月末に吉野家の経営から完全に

 退きました。持ち株会社の会長には

 とどまっていますが、経営にはノータッチ

 です。


 1992年に社長に就任した時から、自分は

 継承者なんだとずっと思ってきました。

 今振り返ってみても、この観念は不思議な

 くらい強い。何よりも吉野家の牛丼が好き

 だったし、創立者の松田瑞穂さん、会社

 更生時の管財人である弁護士の増岡章三

 先生など、ものすごく魅力的な人たちが

 作り出したものを受け継いだ。

 自分はジョインターとして、次にバトンを

 つなぐ。そのことだけは間違えちゃいけない

 という思いがありました。


 先代が作り上げてきた固有のものを、絶対に

 残さないといけない。そこに僕なんかはほれた

 んでね。


 ただ、時代の変化に合わせて変えるべきもの

 もある。では何を基準にするのか。それは短期

 的な利益ではなく、少なくとも3年後とか5年後

 の未来にその判断がどのように評価されている

 のか。その視点で選ぶべきでしょう。


 一時的には社会的な批判を受けたとしても、

 世間様もいつかは理解してくれる時が来る。

 そのような判断を下すことが継承者の役割

 なんですよ。


 吉野家のお客さんはヘビーユーザーばかり

 です。お客さんの中には「吉野家の味」という

 ものがあって、そのことが今日の来店に結び

 付いている。だからこれまでとは異なる牛丼

 をヘビーユーザーに提供したら、「違う」と

 言われてしまう。


 あくまでも先代から脈々と受け継がれてきた

 吉野家に対するお客さんの期待がある。

 それに応えるのが第一義であり、継承者で

 ある僕の使命だったのです。

 




吉野家ホールディングス会長 安部 修仁 氏

吉野家ホールディングス会長 安部 修仁 氏

「日経ビジネス」 2015.02.16 号 P.001




キーワードは、継承です。


後継者には2タイプあります。
先代の方針を継承する経営者と、先代の
方針を否定し、新戦略を全面に押し出し、
猛スピードで実行する経営者です。


日本企業では、前者のほうが多い気がします。
欧米特に、米国ではゼネラル・エレクトリック
(GE)のように、前任者の経営を否定すること
が社風になっている企業も多くあります。


日本でも、ジョンソン&ジョンソンからカルビー
のトップに、GEからLIXILのトップに就任した
日本人がいるように、外資系企業で経営に
携わっていた人物がトップになり、しがらみが
ないため思い切った戦略を実行できる企業も
出てきました。


安部さんは先代に敬意を払い、継承者に
徹してきました。


2003年末にBSE問題で米国産牛肉が
輸入停止となった時、吉野家は牛丼の
取り扱いを停止しました。


オーストラリア産牛肉と米国産牛肉とは
異なるということで、ヘビーユーザーには
「吉野家の牛丼は味が変わったな」と
気づかれてしまう。


そうなると、ヘビーユーザーは二度と来店
してくれなくなることになる、そうした事態を
危惧した措置でした。


ですが、牛丼の販売を中止するという結論
に至るまでには紆余曲折があった、と推測
されます。


その「事件」以前まで、吉野家は牛丼業界
でシェア1位を誇っていました。


牛丼の代わりに豚丼を提供しましたが、
売上はガタ落ち、首位から陥落しました。


吉野家は実質的に牛丼一本の商売でした
ので牛丼販売中止により、大きな打撃をこう
むりました。


直近では、どのような状況にあるか調べて
みました。



牛丼御三家売上比較

牛丼御三家売上比較



牛丼御三家店舗数推移

牛丼御三家店舗数推移



牛丼御三家客単価推移

牛丼御三家客単価推移






御三家の店舗拡大に急ブレーキがかかっています。
すき家(ゼンショーホールディングス)のブラック企業
発覚と無縁ではないでしょう。


ファミレスとの競争も激化していることも見逃せません。


それでも、商品単価の上昇は明らかです。






今週の言葉(『日経ビジネス』の有訓無訓から)



今週の言葉バックナンバー


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

日経ビジネスファン

Author:日経ビジネスファン
藤巻隆(ふじまき・たかし)です。

新・大前研一名言集(改)日経ビジネスのインタビュー(FC2ブログ版)医師、看護師、薬剤師の秘密などのブログを運営しています。

このブログは、30年近く年間購読している『日経ビジネス』の有訓無訓から印象に残った言葉をご紹介するブログです。

優れた経営者が発する言葉には、実績に裏打ちされた重みがあります。私だけではなく、きっとあなたも刺激を受けることでしょう。

『日経ビジネス』は週刊誌ですので、週に一度は必ずブログを更新します。その他、関連したことなどがあれば、掲載していく予定です。

よろしくお願いします。


   藤巻隆(ふじまき・たかし)

カウンター

スポンサード・リンク

typeの人材紹介

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

サイト内ランキング



話題のダイエット

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
2005位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
495位
アクセスランキングを見る>>

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

 

フルーツメール

スポンサード・リンク

アクセスランキング

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

最新コメント

今週の言葉(『日経ビジネス』の有訓無訓から)

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。