スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の言葉(『日経ビジネス』の有訓無訓から) 2014.09.08

技術は生鮮食品と同じ
油断するとすぐ腐る
これでいのか問い続ける


樫尾 幸雄(かしお・ゆきお)氏
[カシオ計算機特別顧問]




 技術は生鮮食品と同じです。油断したら、

 あっという間に腐って使い物にならなく

 なってしまう。鮮度が一番大切なんです。


 勝つポイントは未来の技術を使うことです。

 例えば半導体。今ある半導体をベースに

 電卓を開発しても、発売する頃にはその

 技術は古くなっている。商品が出る頃に

 半導体技術はどこまで進化しているのかを

 見極め、それに合わせた電卓を設計する。

 そうして初めて他社に差を付ける新鮮な

 商品を提供できます。


 鮮度の大切さを痛感したのが、ある失敗の

 経験でした。


 カシオ計算機の経営に当たっていた樫尾

 兄弟4人で、平日も含め毎日ゴルフ三昧

 だった時期があります。1960年前後のこと

 です。兄の俊雄が中心となり開発したリレー

 式と言われる当時最先端の計算機で、

 敵なしでした。他社と競えば必ず勝てる。

 作れば作るほど売れる。本当に順風満帆

 でした。

 それでおごってしまった。生産技術を担当

 していた私も、あまり改善をしなくなって

 いました。


 走行しているうちにいつの間にか売れていた

 はずの製品の在庫が増えるようになって

 いました。まずいと思った時は既に遅し。

 関西の電機メーカーなどが売り出したトラン

 ジスタを使う電子式計算機が主流になり始め

 ていました。リレー式の鮮度は落ちていたん

 です。


 電子式で1年近く出遅れました。


 リレー式への思いをきっぱり捨て、電子式の

 開発に全力を挙げ、ほぼ4カ月という短期間で

 商品化にこぎ着けました。


 いつも鮮度を求め、これでいいのかと問い

 続ける。そして、もっといいものがあれば、

 古いものをぱっと捨てて、切り替える。これが

 変化の速い時代に勝ち残るカギです。

 その後、ポケットにはいる超小型電卓「カシオ

 ミニ」の開発にも成功し、新しい市場を開拓

 できました。失敗から得た教訓が、斬新な製品

 を今なお世に送り出し続ける、カシオの強さの

 根幹になっていると思います。 
 




樫尾さんは、「成功の復讐」の話をしています。
成功にあぐらをかいていると、しっぺ返しを食らう、
というものです。


カシオ計算機が素晴らしい会社だと思うのは、
失敗を失敗で終わらせないところです。


失敗を糧に新商品開発に全力を注ぐ点が、
素晴らしいと思います。


失敗から教訓を得て、計算機だけでなく、独自の
地位を築いた腕時計「G-SHOCK」そして、
「BABY-G」を開発し、発売しました。


『日経ビジネス』(2014.09.01号)の
「TREND(今、巷で流行るもの)」欄に、
最新型のG-SHOCKが紹介されていました。


その記事をお伝えしましょう!


 カシオ計算機の新しい腕時計が話題だ。

 「地球上に、死角なし。」――。

 カシオが7月に発売した看板商品「Gショック」

 の新製品「GPW-1000」のキャッチコピーだ。

 GPW-1000はGPS(全地球測位システム)と

 標準電波受信システムの両方を実装している。

 同社によると、両電波に対応する腕時計は

 「業界で初めて」という。


 GPW-1000は標準電波だけでなく、GPSから

 提供される時刻情報も受信できる。それに

 よって標準電波が届かない場所でも、位置

 や時刻情報を受信し時刻合わせをしてくれる。

 GPS衛星から時刻情報を受信するのにかかる

 時間は約7秒~1分という。


 GPS対応時計は、一般的な腕時計に比べると

 消費電力が多く、バッテリーも大きくなりがち

 だったが、GPW‐1000では低消費電力のGPS

 チップを搭載することで両電波の受信を実現

 した。さらに標準電波を受信できないと判断した

 場合のみGPS情報を受信するため、消費電力

 を最大限抑えることができるという。要は、標準

 電波とGPS電波の「いいとこ取り」をした最新

 時計なのだ。価格は10万円(税抜き)。


 全世界どこにいても正確な時間を刻める

 GPW‐1000は、海外出張の強い味方になりそうだ。
 

 (『日経ビジネス』 2014.09.01 P.145)


カシオGPW‐1000
カシオGPW‐1000



独自のGPSアルゴリズム
「地球全域を約500m単位でグリッド化した
地球データを使い、現在地をより正確に
特定する」(上掲誌 P.145)そうです。

耐衝撃小型アンテナ
「アモルファス材を使った耐衝撃小型アンテナ
で、時刻情報をのせた世界6局(九州、福島、
中国河南省商丘、米コロラド州フォートコリンズ、
英アンソーン、独マインフロンゲン)からの
標準電波を高感度受信」(同上)できるそうです。


新製品「GPW‐1000」の紹介をしましたが、
樫尾さんが話していたことを実践したことが
分かります。


「勝つポイントは未来の技術を使うことです。」
最先端の製品ということは、何年も前から技術
はこうなりそうだと予測し、設計していると考え
られるからです。


樫尾さんは、電卓を例に半導体技術の進化を
予測する説明をしていますが、電卓をGPW‐1000
に置き換えてもそのまま通ります。


新製品が発売された今、既に次世代G-SHOCKの
開発に乗り出しているはずです。他社に追いつか
れないために、常に先頭を走り続けているのです。



 


記事を読んで、面白かったら
ポチッとして下さい。




今週の言葉バックナンバー






------------------------------ 技術者募集 -------------------------------

【企 業 名】株式会社ファンコミュニケーションズ

【概  要】「A8.net」を開発運用するアフィリエイトソリューションプロバイダー

     の株式会社ファンコミュニケーションズが業務拡大につき技術者を募集中。

【業務内容】A8.net/Moba8.netの企画・設計・開発・運用・保守など。

----------------------------------------------------------------------------





ホームページの作り方を基礎から学べる通信講座。
専門家の指導だから、初心者の方でも安心。
通信講座なので、好きな時間に自宅で学べます。
修了時に、ホームページ作成の資格が取れます。
詳しい案内書を無料進呈!


http://bit.ly/1btyEY7


スマートフォンでの売上が急増中の
オンラインストア。
まずは無料でお試しください

http://bit.ly/1btfth4



エキスパート@メールクラウド エキスパートメール
エキスパートメールが選ばれている「7つのポイント」、
「価格の安さ」、「機能の豊富」さ、そして「メールの到達率」
その他多くの機能の搭載によって支持を頂いております。



ADPOINTPRO-MOBILE-

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

日経ビジネスファン

Author:日経ビジネスファン
藤巻隆(ふじまき・たかし)です。

新・大前研一名言集(改)日経ビジネスのインタビュー(FC2ブログ版)医師、看護師、薬剤師の秘密などのブログを運営しています。

このブログは、30年近く年間購読している『日経ビジネス』の有訓無訓から印象に残った言葉をご紹介するブログです。

優れた経営者が発する言葉には、実績に裏打ちされた重みがあります。私だけではなく、きっとあなたも刺激を受けることでしょう。

『日経ビジネス』は週刊誌ですので、週に一度は必ずブログを更新します。その他、関連したことなどがあれば、掲載していく予定です。

よろしくお願いします。


   藤巻隆(ふじまき・たかし)

カウンター

スポンサード・リンク

typeの人材紹介

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

サイト内ランキング



話題のダイエット

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
2214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
509位
アクセスランキングを見る>>

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

 

フルーツメール

スポンサード・リンク

アクセスランキング

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

最新コメント

今週の言葉(『日経ビジネス』の有訓無訓から)

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。