スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の言葉(『日経ビジネス』の有訓無訓から) 2014.05.26

考え方は異なっても
大事なのは共通の信条
我々は何をする存在なのか


近藤 史朗(こんどう・しろう)氏
[リコー会長執行役員]




 最初の危機は80年代末のバブル崩壊で業績が

 急速に悪化した時です。 ちょうど主力の複写機の

 技術がアナログからデジタルに変わる頃で、投資が

 双方にまたがり、過剰になっていたところにこれに

 やられました。

 そして2度目は2008年秋のリーマンショックです。

 
 この2つの危機の間には20年の時がありますが、

 よく考えると共通するものがありました。最初の危機

 の前の10年は、まだ日本経済が成長の時代で

 当社も当たり前のように売り上げが伸びていました。

 2度目の危機の前もそうです。

 1995年に米国と英国の大手事務機販売会社を

 買収し、以後も海外の販社を中心にM&A(合併・買収)

 を続けて90年代半ばに1兆円だった売上高が2007

 年度には倍増していました。

 ところが、そんな右肩上がりの時代が突然終わると、

 社内には新しい動きに抵抗する人が出てきました。


 成長が終わるということは、言ってみれば今までの

 方法が通用しなくなるということです。


 大事なのは互いが異なる考え方を認め合うことです。

 そして、目標は1つなのだと理解することです。


 自ら正しく認識することは、人を理解する第一歩です。

 考え方の違う者同士が尊重し合うということはそういう

 基本があってこそでしょう。


 当社には「人を愛し、国を愛し、勤めを愛す」という三愛

 の精神があります。仕事を通じて自分と家族、顧客、

 関係者を豊かにしようというものです。 
 





企業や組織には、少なからずセクショナリズム(縄張り意識)
が存在します。


部分最適が全体最適に優先される土壌は、どこにでもある
でしょう。それでも成長しているように見える間は、問題がない
と認識されがちです。自分たちの部署に「力」があるからと、
自負しているのです。


ところが、いったん成長に陰りが見えたり、成長が止まると、
責任転嫁することになります。成長を続けている時は、
自分たちで手柄を独り占めし、成長が止まると他部署に責任を
なすりつけるのです。


「成功の復讐」「茹でガエル」あるいは、
「3つのサカ=上り坂、下り坂、まさか!」という言葉で
説明がつきますが、いざ問題が発生すると、他人事(ひとごと)に
なってしまう性(さが)は悲しいことですね。


頭ではわかっているつもりでも、自分や所属部署の問題と実感
できないのです。企業や組織の崩壊はすでに始まっているのです。



ジミー・カーター元米大統領の著書にこんな言葉があったことを
思い出しました。


Once a ball goes down the slope, it's hard to stop it.
(ボールが一度、坂を転がり出したら、止めることは難しい)


物事が動き出したら、その動きを止めることは難しい、ということ
です。この言葉を、最近の世界の動きに当てはめると、納得できる
ことが多いことに気づきます。


「アラブの春」もそうでしょうし、ごく最近の「タイのクーデター」も
そうです。はるか前には「ソビエト連邦の崩壊」もありました。


日本の政権交代も同様ですね。


「流れ」と言い換えてもいいと思います。
最初はチョロチョロとした流れが集まり小川となり、やがて大河と
なって海に到達します。


今なら、ツイッターやフェイスブックのようなSNSで「流れ」を
作り出すことが可能になりました。「デマ」や「風評」も含まれます。


30数年にわたるサラリーマン人生を通じて、イヤというほど経験
してきました。




記事を読んで、面白かったら
ポチッとして下さい。




今週の言葉バックナンバー





【求人】【F@N】社内システムエンジニア大募集!

------------------ システムエンジニア募集 ----------------

【企 業 名】株式会社ファンコミュニケーションズ

【概  要】「A8.net」を開発運用するアフィリエイトソリューションプロバイダー

の株式会社ファンコミュニケーションズが事業展開に欠かせないシステムエンジニアを募集中。

【業務内容】サーバ・アプリケーションの設計・開発・運用・保守管理など。

-------------------------------------------------------









ホームページの作り方を基礎から学べる通信講座。
専門家の指導だから、初心者の方でも安心。
通信講座なので、好きな時間に自宅で学べます。
修了時に、ホームページ作成の資格が取れます。
詳しい案内書を無料進呈!


http://bit.ly/1btyEY7



スマートフォンでの売上が急増中の
オンラインストア。
まずは無料でお試しください

http://bit.ly/1btfth4



エキスパート@メールクラウド エキスパートメール
エキスパートメールが選ばれている「7つのポイント」、
「価格の安さ」、「機能の豊富」さ、そして「メールの到達率」
その他多くの機能の搭載によって支持を頂いております。



ADPOINTPRO-MOBILE-

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

日経ビジネスファン

Author:日経ビジネスファン
藤巻隆(ふじまき・たかし)です。

新・大前研一名言集(改)日経ビジネスのインタビュー(FC2ブログ版)医師、看護師、薬剤師の秘密などのブログを運営しています。

このブログは、30年近く年間購読している『日経ビジネス』の有訓無訓から印象に残った言葉をご紹介するブログです。

優れた経営者が発する言葉には、実績に裏打ちされた重みがあります。私だけではなく、きっとあなたも刺激を受けることでしょう。

『日経ビジネス』は週刊誌ですので、週に一度は必ずブログを更新します。その他、関連したことなどがあれば、掲載していく予定です。

よろしくお願いします。


   藤巻隆(ふじまき・たかし)

カウンター

スポンサード・リンク

typeの人材紹介

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

サイト内ランキング



話題のダイエット

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
2005位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
495位
アクセスランキングを見る>>

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

 

フルーツメール

スポンサード・リンク

アクセスランキング

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

最新コメント

今週の言葉(『日経ビジネス』の有訓無訓から)

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。