スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の言葉(『日経ビジネス』の有訓無訓から) 2014.03.24

経営とは長期戦
社員の幸せの追求が
企業を成長させる


森田 直行(もりた・なおゆき)氏
[KCCSマネジメントコンサルティング会長]



 稲盛和夫・京セラ名誉会長が日本航空

 (JAL)へ再建に乗り込んだ際、

 私も補佐役としてJALの副社長

 に就きました。

 稲盛さんは「再建を私に任せると

 いうなら、これまでやってきた

 経営理念を通じた社員の意識改革

 と、アメーバ経営に基づく部門別

 採算管理を徹底する」という強い

 意思を持っていました。


 意外にも一般社員の人たちは大歓迎

 してくれたんですよ。「我が社の

 再建に、あの稲盛さんが力を貸して

 くれるのか」と。

 
 稲盛さんは幹部社員に対して、

 「残った社員を幸せにするのが幹部

 の仕事だ」と熱心に説いていきました。


 JALの社員は皆さん優秀ですから

 利益が大事なことは理解しています。

 部門ごとに日単位で収支が分かる仕組

 みを作ると、どんどん創意工夫をして

 各路線で利益を出せるようになりました。
 

 私は経営というのは長期戦だと思って

 います。長期的な戦いで勝てるチームは

 どこもチームワークがいい。


 企業で言えば、経営者が社員を幸せに

 しようとするから、社員も一生懸命仕事

 をし、お客様を大事にする。その結果、

 業績が良くなっていけば株主も喜ぶという

 ことになるのです。


 社員の幸せの追求で成長を目指す企業経営

 は、世界中のどこでも共感されるのだと

 思います。 





JALが経営破綻し、稲盛さんに再建が託された
当時、周囲の人たちからは猛反対されたそうです。


今まで大きな業績を上げた稲盛さんの晩節を汚す
恐れがあるようなことを引き受けることはない、
というのがその理由でした。


しかし、稲盛さんは二つ返事で難しい使命を
引き受け、わずか2年ほどで再建を果たしました。


JALを再上場させたのです。
もちろん、債権者に泣いてもらったという事実は
あるでしょう。


さらに、リストラ(本来の意味は事業の再構築)
された人たちも多くいました。リストラの対象
となり、恨んだ人もいたことでしょう。


それでも、稲盛さん以外の人が難しい再建を快く
引き受け、再建できたかどうかは分かりません。


図体の大きなJALの再建という結果を、短期間
で出したのです。


稲盛さんは、最も難しいことから手を付けます。
それは、意識改革です。


人間は、自分の考え方や、経験してきたことを
否定されることをよしとしません。


ですから、そうした人間の性(さが)を変える
ことは容易ではありません。


稲盛さんがあらゆる経験と長期にわたる会社経営
を通じて編み出した、「成功の方程式」が
あります。


成功の方程式 = 能力 × 熱意 × 考え方


この中で、能力と熱意は0から100まで
あります。


ところが、考え方には-100から+100
まであると、稲盛さんは説いています。


「成功の方程式」は掛け算ですから、考え方が
マイナスになると、3つを掛け合わすとマイナス
になってしまいます。


なまじっか能力や熱意があると、全体は大きな
マイナスになってしまうことが、分かります。


だからこそ、稲盛さんは、正しい考え方を
しなくてはいけない、と繰り返し説くのです。


稲盛さんは自著の中で、繰り返し使う言葉が
あります。


利己ではなく、「利他」です。
己に利するのではなく、他者に利することを優先
しなさい、ということです。


まず、相手に利益を与えなさいという意味でもあり、
おもてなしの心でもあります。


以前のJALはプライドが高く、お客様へ奉仕
する心が欠けていたという指摘がされていました。


サービス業でありながら、上から目線で大切な
お客様を大事に扱うことを忘れていたのです。


頭の良い人ほど、プライドが高いため、考え方を
変えられない傾向があります。


経営者の方針に同意できないのであれば、
去るしかありません。


そのようにして、稲盛さんは、毎日、現場へ足を
運び、本質的な考え方を説いて回ったのです。


稲盛さんは、JALの再建を無報酬で引き受け
ました。


もちろん、稲盛さんはJAL再建を一人で行った
わけではありません。


右腕となった、信頼できる森田直行さんなどの
有能な協力者がいたからです。




記事を読んで、面白かったら
ポチッとして下さい。





今週の言葉バックナンバー













ホームページの作り方を基礎から学べる通信講座。
専門家の指導だから、初心者の方でも安心。
通信講座なので、好きな時間に自宅で学べます。
修了時に、ホームページ作成の資格が取れます。
詳しい案内書を無料進呈!


http://bit.ly/1btyEY7



スマートフォンでの売上が急増中の
オンラインストア。
まずは無料でお試しください

http://bit.ly/1btfth4



エキスパート@メールクラウド エキスパートメール
エキスパートメールが選ばれている「7つのポイント」、
「価格の安さ」、「機能の豊富」さ、そして「メールの到達率」
その他多くの機能の搭載によって支持を頂いております。



ADPOINTPRO-MOBILE-

スポンサーサイト

今週の言葉(『日経ビジネス』の有訓無訓から) 2014.03.17

選挙に不利でも
信念貫く
歴史に評価される仕事を


藤井 裕久(ふじい・ひろひさ)氏
[民主党 顧問]



 私が所属していた自由党が、自民党及び公明党と

 連立政権を組んでいた1990年代末に、消費税を

 増税するならば、議員の定数削減と、高齢者

 医療・介護・年金に目的を限定する、という

 2つの条件が必須と主張しました。この考えを

 ずっと貫いています。政治家が身を切ることなく、

 国民に負担を強いることはできない。日本の財政

 赤字の根源は医療・介護・年金にあります。


 私自身は2人の先輩政治家の影響を受け、ぶれない

 ことの大切さを考えるようになりました。

 一人は英国のチャーチル元首相。「次の選挙を考える

 のは政治屋。次の社会を考えるのがステーツマン」

 という言葉に感銘を受けました。

 もう一人はかつて大蔵大臣を務めた愛知揆一氏です。

 73年、円を変動相場制に移行することに同意しました。

 これは円高の容認を意味します。国内の輸出産業から

 は反対の声が上がりましたが、愛知氏は決然と進め

 ました。


 ぶれないためには、歴史に学ぶ姿勢が大事だと思って

 います。司馬遷が言っているように「現在」は空気

 やムードに左右されます。しかし「歴史」になれば

 客観的に評価することができる。


 日本には政治屋がまだまだ多い。志を持ったステーツ

 マンが増えてほしいものです。 





政治屋と政治家には雲泥の差があります。


政治を商売とするか、国民のために身を粉にして働くか、
というほどの違いがあります。


国民は、選挙で政治屋と政治家候補を峻別しなければ
なりません。


そのためには、その違いを見分ける目を養っていかないと、
いけません。


なかなか政治家候補が立候補してくれないという実情は
ありますが、政治家としての「資質を身につけていそうな」
人物に投票すべきです。


藤井氏が影響を受けた2人の政治家のうち、英国のチャーチル
元首相は、20世紀最後の政治家と言われています。


チャーチルの言葉に、次のものがあります。
知識と経験に裏打ちされた言葉には重みがあります。


 私が義務感と信念に基づいて行動している限り、

 いくら悪口を言われようと何ともない。

 害になるよりはむしろ益になるくらいだ。




 目前にせまった困難や大問題に

 まともにぶつかること。

 そうすればその困難や問題は、

 思っていたよりずっと小さいことが

 わかる。

 しかし、そこで逃げると、

 困難は2倍の大きさになって

 あとで襲ってくる。




 どんなことでも、大きいことでも、

 小さいことでも、名誉と良識とが

 命ずるとき以外は、断じてゆずるな。

 力に対し、ことに敵の圧倒的優勢な

 力に対しては、断固として絶対に

 ゆずってはいけない。




 誠実でなければ、

 人を動かすことはできない。

 人を感動させるには、

 自分が心の底から感動しなければならない。

 自分が涙を流さなければ、

 人の涙を誘うことはできない。

 自分が信じなければ、

 人を信じさせることはできない。




以上、ウィンストン・チャーチルの名言・格言より引用





記事を読んで、面白かったら
ポチッとして下さい。





今週の言葉バックナンバー













ホームページの作り方を基礎から学べる通信講座。
専門家の指導だから、初心者の方でも安心。
通信講座なので、好きな時間に自宅で学べます。
修了時に、ホームページ作成の資格が取れます。
詳しい案内書を無料進呈!


http://bit.ly/1btyEY7



スマートフォンでの売上が急増中の
オンラインストア。
まずは無料でお試しください

http://bit.ly/1btfth4



エキスパート@メールクラウド エキスパートメール
エキスパートメールが選ばれている「7つのポイント」、
「価格の安さ」、「機能の豊富」さ、そして「メールの到達率」
その他多くの機能の搭載によって支持を頂いております。



ADPOINTPRO-MOBILE-

今週の言葉(『日経ビジネス』の有訓無訓から) 2014.03.10

「人間」が見えない科学者
社会の想像力不足を
一極集中が加速する


中村 桂子(なかむら・けいこ)氏
[JT生命誌研究館館長]



 新しいことが発見されると皆が騒いで

 その方向に行くことが多く、科学者が一人の人間

 として、日々の生活の営みの中で科学を探究して

 いくという姿勢が少なくなってきています。



 想像力がなければ創造性など生まれてくるわけが

 ありません。自然科学者は自然の一部を切り取って

 そこだけ見ており、自然そのものに向き合って

 いません。


 私は東京生まれの東京育ちですが、仕事で大阪と

 東京を行き来するようになって20年になります。

 全く違う文化がここにあるのです。


 大阪でも福岡でも札幌でも、東京の情報は知って
 
 います。大阪にいると、大阪の目と東京の目という
 
 「複眼」を持たざるを得ません。ところが東京の

 人は、大阪や福岡や札幌のことを知りません。

 全体を知らずに東京の目だけの「単眼」で発想して、

 何でも東京で決めるので、国全体が単眼思考になって

 しまっています。


 生きものは本来、多様性あっての存在です。一極集中を

 止めれば価値観も社会も生きやすい方向へ変わっていく

 はずです。





中村さんは、東京の人と、大阪や福岡や札幌の人との
違いを語っています。


もう少し大きく見ると、日本人が海外に出ると日本の良さや、
悪いところに気づくということがよく言われます。


鳥の目(bird's eye view)と虫の目(worm's eye view)という
言葉がありますね。


上空から地上を見ると全体が見えるのが鳥の目です。
地上にいる虫は自分の周辺のことしかわかりません。


「木を見て森を見ず」と言っても良いかもしれません。


東京一極集中の問題は、もう何十年も前から指摘されていますが、
いっこうに解決されません。


専門家たちが解決策を提案しても、真剣に議論されることは
ありません。


一極集中は権力の集中でもあり、外敵からすると致命的な打撃
を加えることができるのです。


日本の中枢が機能不全に陥る可能性があります。


企業の重要なデータはクラウド上のサーバーにバックアップしたり、
たとえば東京と大阪の2カ所あるいはそれ以上にサーバーを分散し、
バックアップをすることが一般的になっています。


ビッグデータの解析が重要になってきたからです。その大切な
データの保管場所であるサーバーに何らかの障害(サイバーテロなど
による)が発生した場合、1カ所だけでデータを保存していたら
データが破壊されたり、消失してしまいかねません。


こうした一連の重要な課題を解決するには、東京一極集中を
やめるしかないですが、実際には実現しそうにありません。


6年後の東京オリンピックはまさに、東京一極集中という状況下で、
どのような解決策が提示されるのか、競技を見ることとは別に、
関心があります。





記事を読んで、面白かったら
ポチッとして下さい。





今週の言葉バックナンバー













ホームページの作り方を基礎から学べる通信講座。
専門家の指導だから、初心者の方でも安心。
通信講座なので、好きな時間に自宅で学べます。
修了時に、ホームページ作成の資格が取れます。
詳しい案内書を無料進呈!


http://bit.ly/1btyEY7



スマートフォンでの売上が急増中の
オンラインストア。
まずは無料でお試しください

http://bit.ly/1btfth4



エキスパート@メールクラウド エキスパートメール
エキスパートメールが選ばれている「7つのポイント」、
「価格の安さ」、「機能の豊富」さ、そして「メールの到達率」
その他多くの機能の搭載によって支持を頂いております。



ADPOINTPRO-MOBILE-

今週の言葉(『日経ビジネス』の有訓無訓から) 2014.03.03

リスクは近くで眺める
それが人類の知恵に
耐え忍ぶのは美徳にあらず


飯塚 哲哉(いいづか・てつや)氏
[ザインエレクトロニクス会長



 リスクを近くから眺め、折り合いをつけて

 いく。

 ベンチャー企業の経営者にとっては、毎日が

 その連続です。


 リスクとリターンは隣り合わせ。決断しなけ

 れば、大きなリターンは得られません。

 その中でも、経営者として最も難しいのが

 M&A(合併・買収)でしょう。

 新しい事業を始めようという時には、「時間

 を買う」という意味で有力な手段であること

 に変わりません。


 企業経営では、リスクを恐れて動かないことが

 最大のリスクなんですね。


 考えてみれば、人類の知恵というのはリスクを

 ヘッジすることで進化し、文明を発達させて

 きたのです。


 本当に大事なのは、日頃からリスクに向き合う

 姿勢です。日本でベンチャー企業が育たない

 のも、リスクを敬遠しようとする社会全体の

 空気と無関係ではありません。





ビル・ゲイツは「リスクを負わないのがリスク」と言いました。


ローリスク・ハイリターンというものは、めったに
ありません。


ローリスクであれば、ローリターンです。


ミドルリスク・ハイリターンはあるかもしれませんが、
ほとんどがハイリスク・ハイリターンです。


ローリスク・ローリターンである理由は、リスクヘッジ
(リスク回避)のために余計にコストがかかっている
からです。


怖いのは、ハイリスク・ローリターン又は、ハイリスク・
ノーリターンです。


もう何年も前になりますが、FX(外国為替証拠金取引)で
歯止めをかけておいたにも関わらず、一瞬にして大損した
経験があります。二度と手を出しません。



「短期間で資産が倍になります」「元本保証で高収益が
得られます」といった広告があります。これらは典型的な
詐欺商法ですが、引っかかる人が後を絶ちません。


元本保証ということはリスクヘッジのために高コストと
なっているので、高収益はありえないのです。


そうした怪しげな商品を勧められたら、こう聞き返して
ください。


「そんなに儲かるなら、あなたはもちろん投資して実績を
上げていますよね? その証拠を見せて下さい」


相手が「・・・」となったら、大嘘をついていることが
その場で分かります。



リスクを知るために好適な本があります。

リスク〈上〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫)
ピーター バーンスタイン

リスク〈下〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫)
ピーター バーンスタイン





記事を読んで、面白かったら
ポチッとして下さい。





今週の言葉バックナンバー



















ホームページの作り方を基礎から学べる通信講座。
専門家の指導だから、初心者の方でも安心。
通信講座なので、好きな時間に自宅で学べます。
修了時に、ホームページ作成の資格が取れます。
詳しい案内書を無料進呈!


http://bit.ly/1btyEY7



スマートフォンでの売上が急増中の
オンラインストア。
まずは無料でお試しください

http://bit.ly/1btfth4



エキスパート@メールクラウド エキスパートメール
エキスパートメールが選ばれている「7つのポイント」、
「価格の安さ」、「機能の豊富」さ、そして「メールの到達率」
その他多くの機能の搭載によって支持を頂いております。



ADPOINTPRO-MOBILE-

         
検索フォーム

プロフィール

日経ビジネスファン

Author:日経ビジネスファン
藤巻隆(ふじまき・たかし)です。

新・大前研一名言集(改)日経ビジネスのインタビュー(FC2ブログ版)医師、看護師、薬剤師の秘密などのブログを運営しています。

このブログは、30年近く年間購読している『日経ビジネス』の有訓無訓から印象に残った言葉をご紹介するブログです。

優れた経営者が発する言葉には、実績に裏打ちされた重みがあります。私だけではなく、きっとあなたも刺激を受けることでしょう。

『日経ビジネス』は週刊誌ですので、週に一度は必ずブログを更新します。その他、関連したことなどがあれば、掲載していく予定です。

よろしくお願いします。


   藤巻隆(ふじまき・たかし)

カウンター

スポンサード・リンク

typeの人材紹介

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

サイト内ランキング



話題のダイエット

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
1987位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
470位
アクセスランキングを見る>>

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

 

フルーツメール

スポンサード・リンク

アクセスランキング

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

最新コメント

今週の言葉(『日経ビジネス』の有訓無訓から)

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。