スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政策もマーケティング 多くの人の反応を探り 成果は相手の手柄に 2015.01.26



政策もマーケティング
多くの人の反応を探り
成果は相手の手柄に


荒井 寿光(あらい・としみつ)氏
[元特許庁長官・知財評論家]




 1996年から2年間、特許庁長官を務めて以来、

 20年ほど知的財産と関わってきました。

 利権集団や族議員というエンジン役が存在しない

 知財は、グライダーのようなものです。

 追い風にも向かい風にも上手に乗って、正しい

 方向に進ませる。これこそが自分の役割だった

 ように思います。


 「特許村」のままでは変えられない――。

 私の問題意識に応えてくれたのが当時、理化学

 研究所理事長を務めていた有馬朗人さんです。

 三菱重工や花王などのトップに集まっていただき、

 有馬さんを座長とした懇談会を設けることにしま

 した。


 自由な議論を通じて、知財保護の強化策や裁判

 機能の拡充などを打ち出しました。


 皆さんの尽力のおかげで法律改正につなげること

 ができました。


 2003年は小泉純一郎首相が構造改革を進めて

 いる時期でもありました。科学技術や司法制度、

 大学などあらゆる分野で改革が進もうとしていま

 した。

 例えば大学改革に当たっては特許取得の重要性

 を説き、司法制度改革では知財高裁の設置に向け

 た議論を巻き起こしました。

 事務局の陣容は30人ほどですから限界があります。


 事務局の人に私が伝えたのは「全部、相手の手柄に

 しろ」ということです。成果をこちらの手柄にすると、

 相手は嫌がります。向こうの手柄にすれば、知財が

 計画の真ん中に位置付けられるようになります。


 残念ながら日本の知財戦略はまだ大空高く飛び立っ

 ている状況ではありません。中国や韓国なども急速に

 追い上げています。

 
 私は日本初の知財評論家を名乗っていますが、

 これからも知財立国の実現に向けた伝道師役を

 担っていきたいと考えています。
 




元特許庁長官・知財評論家 荒井 寿光 氏

元特許庁長官・知財評論家 荒井 寿光 氏

「日経ビジネス」 2015.01.26 号 P.001




キーワードは、知財(知的財産権)です。


知財、例えば特許を法律に基づいて保護
する企業と、特許などを無償で開放する
企業があります。


キャノンは前者で、グーグルは後者です。


キャノンの知財戦略は下記のとおりです。


 キヤノンは、製品の模倣や知的財産権の

 侵害に対しては、徹底した対応をとります。

 同時に、他社の知的財産権を尊重するために、

 自社製品が第三者の知的財産権を侵害する

 ことのないよう、明確なルールを定めています。
 

 キヤノン株式会社 CSR活動公正な事業活動 |
 知的財産活動
から


一方、グーグルはスマホ用OS Android を
無償で開放しました。多くの企業がアプリの
開発をしやすくし、Android携帯を世界中に
広める戦略を取ったのです。


その結果、Android携帯のシェアはアップルの
iPhone のシェアを凌駕しています。



欧米と比べ、日本は知財保護が十分ではない
と考えられます。


特に、米国は基本特許を重視しています。
基本特許を抑えれば、他社が応用特許を取得
しても、基本特許を使わなければ、製品化でき
ません。そのために特許料を支払うことになり
ます。基本特許は不可欠な特許です。


特許権の侵害が認定されると、莫大な損害賠償
を請求されます。下手をすれば、製品の大半の
利益が吹っ飛んでしまうこともあります。


それだけでは済まず、企業ブランド価値を毀損
することにもなりかねません。


キャノンの話に戻りますが、日本企業としては
特許件数が非常に多い企業です。


 特許の出願状況

 キヤノンでは、海外での特許出願も重視しており、

 2013年末時点での特許・実用新案の保有件数は、

 世界全体で約90,500件となっています。

 海外出願に際しては、地域ごとに事業戦略や技術・

 製品動向を踏まえて出願戦略を綿密に立て、

 必要な国や地域を見極めた上で出願しています。

 なかでも、ハイテク企業が多く、市場規模も大きい

 米国での出願に注力しています。

 結果として近年登録数が増加し、2012年には日本

 企業として初めて3,000件を突破しており、2013年

 も引き続き3,800件に達しています。
 

 キヤノン株式会社 CSR活動公正な事業活動 |
 知的財産活動
から


荒井さんは、「全部、相手の手柄にしろ」と
述べています。


携わった人たちは、納得出来ないと思いますが、
「貸しを作っておく」ことで、きっと将来、それ以上
のプラスがもたらされるかもしれません。
あまり当てにしてはいけませんが。


そして、この人たちのアフターフォローが大切です。



知財を守るのか、あるいは無償で開放するのか。
どちらが正しく、どちらが間違っているとは言えま
せん。それは、企業戦略の違いだからです。


あなたの会社はどちらですか?





今週の言葉(『日経ビジネス』の有訓無訓から)



今週の言葉バックナンバー


スポンサーサイト
         
検索フォーム

プロフィール

日経ビジネスファン

Author:日経ビジネスファン
藤巻隆(ふじまき・たかし)です。

新・大前研一名言集(改)日経ビジネスのインタビュー(FC2ブログ版)医師、看護師、薬剤師の秘密などのブログを運営しています。

このブログは、30年近く年間購読している『日経ビジネス』の有訓無訓から印象に残った言葉をご紹介するブログです。

優れた経営者が発する言葉には、実績に裏打ちされた重みがあります。私だけではなく、きっとあなたも刺激を受けることでしょう。

『日経ビジネス』は週刊誌ですので、週に一度は必ずブログを更新します。その他、関連したことなどがあれば、掲載していく予定です。

よろしくお願いします。


   藤巻隆(ふじまき・たかし)

カウンター

スポンサード・リンク

typeの人材紹介

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

サイト内ランキング



話題のダイエット

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
1987位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
470位
アクセスランキングを見る>>

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

 

フルーツメール

スポンサード・リンク

アクセスランキング

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

最新コメント

今週の言葉(『日経ビジネス』の有訓無訓から)

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。